ヴィッツGRスポーツ”GR”ってどうなの?

ヴィッツGRスポーツ”GR”の購入を決めたフェルさんのお話です。

ヴィッツGRスポーツ“GR”シュアラスター・ゼロウォーターの効果!

最近、雨が降った所で、効果を実感しました。


ほんと、思った以上の効果です。

急いで施工したので、丁寧とは言えない作業ではありましたが、効果はバッチリ出ていました!

f:id:fellfell:20180524130129j:plain

水弾きがすごいです。

それに、雨で車の汚れも綺麗になっていました。

汚れ落ちも良い様です。


簡単施工で、この効果。


使い方は、

洗車して、濡れてるままスプレーをひと吹き。

50センチ四方へ水分を拭きながら伸ばす。

これだけです。


本当はキーパーのコーティングも視野に入れていましたが、ゼロウォーターの手軽さと効果は侮れません。しかも、安い。


市販のコーティング剤もここまで来たんですね。




ヴィッツGRスポーツ“GR”シュアラスター・ゼロウォーターを試してみる

今日は晴天だったので、洗車しました。

水垢の黒い筋が色々な所に入っていたので、これを機に一網打尽にする予定です。

 

という訳で、コイン洗車場へやって来ました。

ここの高圧洗浄で汚れを一気に落とします。

まだ塗装が新しいので、結構綺麗になる筈です。

f:id:fellfell:20180519235830j:plain

さて、水洗いとシャンプーを選択。

500円?

自動洗車が使えちゃうお値段ですよ。

セルフも安くは無いですね。


これからの洗車の手間を考え、ネットで評価の高いコーティング剤のゼロウォーターを施工します。

ボディーにスプレーして、伸ばして拭き取るだけでツルツルボディーになるらしいです。

f:id:fellfell:20180519235951j:plain

いよいよ、汚れが落とせた所で、コーティングの実施です。濡れたままでも施工出来るのは便利です。

ともあれ、日差しが強くなってきたので、急いで作業を進めたいと思います。

f:id:fellfell:20180520000745j:plain

写真がシュアラスター・ゼロウォーターです。

これは、撥水タイプで水弾きが良い特徴があります。親水タイプもあります。

水気のふき取りを兼ねて作業を進めます。

すごく簡単ですが、しっかり後が残らない様にふき取る事が大切です。

 

日差しが益々強くなってきました。

塗装が焼けない様に手早く進めます。

f:id:fellfell:20180520001236j:plain

ヴィッツGRのドア周りは黒く汚れやすい所です。

水垢も拭き取りながら外板そして、内側もしっかり行います。

コーティングで汚れの付着も減るといいな。

f:id:fellfell:20180520001414j:plain

作業は1時間位で完了です。

このコーティング剤は外板は元よりプラスチックやガラスにも使用で出来て良いですね。

革や布以外であれば内装にも使えます。

気を遣う所が少ないのは楽ですね。


はい。

かなり綺麗になりました。艶は・・・良くわかりません。

f:id:fellfell:20180520001645j:plain

判別は難しいですが、輝きが増したような気がします。

 

小さいボトルに入って居ますが、洗車3回位は使える量が入っているので、まだまだ使えます。何度も使うと、効果が強固になるそうですので、また近いうち、施工をしようと思います。

ヴィッツGRMNってどうなの?

実は、運転講習の際に、ヴィッツGRMNを試乗してきました。

公道ではなく、特設会場の広場での試乗となります。

写真が無くてすみません・・・。

 

乗り込んでみると、シートのホールド感が流石GRMNです。いい感じでやる気にさせます。程よい硬さで座り心地は上々です。

重たいと言われていたクラッチですが、思った程ではありません。

確かに、クラッチは重いですが、クラッチミートは広く扱い易くなっていますので、

半クラッチから、いきなりドンと繋がる事はありません。

それでも、渋滞は辛そうかなと思いますが・・。

 ニュートラルから1速へ入れてみると、ストロークは短く、クイックでカッチっとしたタッチです。

ギアの入りはオーリスRSとフィーリングは近い感じです。

同じミッションを使ってる?

シンクロの容量がヴィッツGRとは雲泥の差ですね。

引っ掛かる感触は無く、良く入ります。

ヴィッツは良く引っ掛かります。

 

それでは、アクセルを踏んでみます。折角なので、全開で。

1速、2速はすぐレブリミットに当たってしまいます。

吹け上がりが想像以上に鋭いんです。

思わず数回レブらせてしまいました笑

試乗場所の関係もあり、今回は3速まで全開に出来ませんでした。

 

加速が半端ないです。

トラクションは良く掛かり、思った以上に直進性も良く、トルクステアーも少ないので、じゃじゃ馬な雰囲気はありませんでした。

 

パワーがアクセルにリニアに追従するので、普通に踏めば大人しく走ります。これなら、普段乗りにも十分対応出来ると思います。

 

急制動も試してみましたが、ちょっと慣性重量を感じます。

パットが温まって無いからかもしれませんが、絶対的な制動力はヴィッツGRの方が上です。車両重量の違いですね。

でも、制動力が弱いという事ではありません。

コントロール性が良く、強力なストッピングパワーでしっかり車速を落としてくれます。

 

ヴィッツGRと比較すると、圧倒的なパワーと剛性。そして、安心して踏めるブレーキタッチ。

別次元の車でした。

 

車両価格400万と言われて高いと言われていますが、納得のパフォーマンスです。

スポーツ走行をそれなりに経験されている方なら、この性能がどんなものかお判りになるはずです。高い次元でのバランスがすごい。

チューニングカーでは到達しないであろう車です。

 

今回、公道では無く、

特設会場だったので全開性能を少し味わえたので、良かったです。

公道試乗だったら、全開には出来ませんし、急制動もできません。

ああ、パワーあるなって位に思うだけだったと思います。

 

ほんと、

夢がある車です。

いい経験でした。

ヴィッツGRスポーツ“GR” 安全講習・オートテストのイベントへ参加しました。

安全講習及びオートテストのイベントへ参加しました。

オートテストについては下記のリンクをご確認ください。

jaf-sports.jp

自分が参加したイベントは、

安全講習セットになっていて、非常に興味深い内容となっていました。

 

まず、安全講習から。

緊急回避とスラロームのテストでした。

 

緊急回避は、時速40kmで障害物20m手前から出る左右の指示にそって、

回避するテストです。

このテストは簡単で、余裕でクリアーできました。

 

でも、

このテスト2本目から難易度が上がります。

障害物15m手前からの指示で左右をとっさに判断して回避しなければなりません。

自分は左右を間違えてしまいました。

5mだけ障害物へ近づくだけですので、簡単そうに思えますが、プロドライバでも失敗する事がある非常に難しいテストらしいです。


時間にして0.5秒

このわずかな時間で事故の結果が大きく変わる・・・

それを実感してもらう為のテストだそうです。

 

自分は普段の運転をちょっと甘く見ていたなと思います。

車間距離5mの差は侮れません。

 

本当に思った以上に難しいですよ。

興味があれば是非、各地で開催されているので参加してみてください。

ヴィッツGRスポーツ“GR”でサーキットを走るなら・・・フルバケットシート&4点シートベルト?説明編

4点シートベルトが無いと運転姿勢が保てないのでは?

というお話を頂きました。

それについて自分の考えを説明したいと思います。

 

まず、本来の目的は、事故の際、車外に飛び出さない為に装着する安全装備です。

競技では、車が何回転も横転する様な大きな事故が発生する事があります。

3点シートベルトでは、肩から外れて車外へ投げ出されてしまう危険がある為、

4点以上を抑えて安全を確保しています。

 

 

ベルトで身体をガチガチに固定するのはダメなのか?ですが・・・。

緩みはダメですが、締めすぎてもダメです。

 

何故かと言いますと、シートベルトは伸縮性が持たせてあります。

初めからテンションを掛け過ぎていると、ベルトの強度が低下します。

まぁ、よっぽど切れる事は無いと思いますが・・・。

  

 

 

サポートの低いシートを使いながら、シートベルトを締めあげる事で身体を固定しようと言うのがそもそもの間違いです。

ベルトで後方に強く引き込んだとしても、横方向の固定を十分できる訳ではありません。サポートの大きいシートへ変更すべきかなと思います。

 

 

ご意見あればよろしくお願いします。

ヴィッツGRスポーツ“GR”でサーキットを走るなら・・・フルバケットシート&4点シートベルト?

いずれは、このヴィッツGRでサーキットを走ります。

とはいえ、ミニサーキットがメインです。

 

このままノーマルでもサーキットは走れると思いますが、

やっぱり欲しい装備は何点かあります。

 

まず、一番目はフルバケットシートです。

運転姿勢を保ってくれるので、

コーナリング中に上半身が動いたり、お尻が滑ったりと、運転操作に支障が出る事を防ぐ事が出来ます。

身体に合わせて買う必要があるので、一番、選ぶのが難しいパーツかもしれません。

 

過去はスパルコのREV2を使っていました。

体形に合わせて調整幅を持たせる為大き目を買いましたが・・・・

その後、軽量化ダイエットで体重が激減し、益々緩々でした(笑)

でも、体重が15kgも軽いと車が速い! 同じ条件下で有利に戦えます。

 

合わせて4点シートベルトを揃える方も多いとは思いますが、

それは後でも良いかなと考えています。

標準の3点シートベルトでとりあえずは問題ありません。

 

いまの所、シートだけ変えれば快適に走れそうだと思っています。

ほんと、良く出来てる。今時の車は。

 

ヴィッツGRスポーツ”GR” 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館へドライブ

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館へ行ってきました。

 

最近リニューアルされたとの事で、お休みを利用してドライブしてきました。

 

www.sorahaku.net


ヴィッツGRスポーツ“GR”で岩村ドライブ 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館

約2時間のドライブを経て、

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館に到着です

f:id:fellfell:20180503110514j:plain

博物館屋外には大型ヘリやYS11等展示されています。

YS11はタラップが備え付けてあったりするので、機内展示も時期によってはあるのかもしれません。

f:id:fellfell:20180503111043j:plain

エントランスです。ミュージアムショップやカフェが併設されています。

入場料は大人800円となっており、思ったより安い気がします。

f:id:fellfell:20180503111920j:plain

乙式一型偵察機サルムソンA2Aという航空機です。設計はフランスとの事。

f:id:fellfell:20180503112107j:plain

この博物館の目玉と言える三式戦闘機飛燕です。

日本軍唯一の液冷式エンジンの機体です。

f:id:fellfell:20180503112534j:plain

4式爆撃機 飛竜のエンジンです。

この爆撃機は大型機ですが、宙返りや急降下爆撃が出来たと言われています。

f:id:fellfell:20180503114206j:plain

f:id:fellfell:20180503114243j:plain

ハンガー部分の展示スペースです。

多くの航空機が展示されています。

f:id:fellfell:20180503114711j:plain

T-2CCVです

カナードが追加され、通常の航空機では出来ない動きをする事が出来る様です。

操縦系の開発に貢献しました。

後ろの機体は短距離離着陸試験機飛鳥です。翼の上にエンジンを載せている特徴があります。

f:id:fellfell:20180503114834j:plain

宇宙関連では、ロケットの種類や衛星の模型が展示されています。

f:id:fellfell:20180503120928j:plain

船外作業時に使われる宇宙服です。

宇宙開発では日本の役割に期待が高まっているとの事でした。

f:id:fellfell:20180503121312j:plain

なかなか展示物も多く、十分楽しめました。

大人から子供まで満足できる博物館です。

とはいえ、小さいお子様はちょっと難しい内容が多いので、退屈かもしれません。

 

帰り際ミュージアムカフェで名物?の”宇宙の星空カレー”を頂いてきました。

真っ黒カレーに星型のポテトが浮かんで宇宙を再現しています。

 

見た目より辛いので、外見は子供向けですが、味は大人向けです。

ご注意を。

f:id:fellfell:20180503121237j:plain

ここは飛行機好きには堪らない、とても良い博物館でした。

興味がありましたら

是非、行ってみてください。